アメリカ開催海洋イベント「Oceanology International AMERICAS 2019」を紹介します!

世界的海洋イベント「Oceanology International」が、2019年にアメリカサンディエゴで開催します。今年は弊社も参加予定ですが、まずはその前にイベントの詳細についてご紹介します。

Oiアメリカ2019とは?

「Oceanology International(Oi)」は約50年の歴史を持つ世界最大の海洋技術系イベントで、ロンドン・中国・サンディエゴ(アメリカ)で2年ごとに開催されています。
開催国ごとに特色のある内容になっており、サンディエゴ開催でのブース数は200ほど。一番規模として大きいのはロンドンで、こちらはサンディエゴ開催の3倍ほどの出展ブース数があります。
ちなみにOiは2019年サンディエゴで創立50周年。
ただし公式サイトは英語で、日本語関係のサイトを探してもなかなか見つかりません。
日本からブース参加していることもありますが、専門性の高い地球規模イベントのためか、日本では海洋ビジネス業界の人だけが知る、一般的にはあまりなじみのないマニアック(?)なイベントともいえます。

Oi2019の詳細

開催期間 2019年2月25日~26日 9:30~17:00
2019年2月27日 9:30~15:00
開催場所 アメリカ サンディエゴ

展覧会参加は無料で、事前に公式サイトでチケットの登録できます。ブースやカンファレンスへの参加は有料ですが、サイト上に金額一覧があり登録可能です。
https://www.oceanologyinternationalamericas.com/
日本語サイトがないのは不便ですが、公式サイトでは世界各国からの来場者向けにホテルの予約ページがあり、会場へもアクセスしやすいよう配慮されています。

Oi出展製品の傾向

出展されている製品は実に幅広く、海洋関係であればなんでもありです。世界最先端の海洋用技術が集結しており、本当に小さな部品のようなものから船舶のような大きなものも、サービス系のものもあります。
公式サイトでは参加ブースとその製品の一覧を、写真と解説付きで閲覧できます。現地に行けなくてもそこから気になる製品を見つけてみるのもいいでしょう。
イベントの内容自体はかなり専門性が高いので、海洋ビジネスに深い関わりのある人なら新たなビジネスチャンスにつながるものを見つけられるかもしれません。

各カンファレンス紹介

Oi開催中は1日がかりとなる有料のカンファレンスがいくつか行われています。金額もそれなりですが、ゲストも充実し食事代込みと、充実した内容となっているようです。
英語ができないとさすがに難しそうですが学生料金等もあり、海洋技術系を学ぶ人にとっては関心の高いものになりそうです。
TECHNICAL TRACKS:海洋科学技術の最新動向について[/st-marumozi-big] 無人ロボット、船舶、観測、地球物理学、地質工学、海洋汚染、環境問題などを扱います。
Ocean FUTURES FORUM:海洋科学技術の役割について [/st-marumozi-big] 海洋系の経済と科学技術が及ぼす影響について考えます。
CATCH THE NEXT WAVE:最新の探査技術開発について[/st-marumozi-big]

「Oiアメリカ2019」紹介のまとめ

今回は弊社が正規代理店ともなっている水中ドローンBlueROV2のBlue Robotics社がブース出展しているため、そのあいさつもかねて訪問予定です。
アメリカ、サンディエゴは海洋産業がすすんだ海洋都市であるため、開催都市にふさわしい場所でもあります。
開催までまだ日にちがありますので、興味を持たれた方、また別用で同時期にサンディエゴ周辺に行く予定がある方はぜひ足を運んでみてください。

お問合せ・ご相談はこちら

水中ドローンの調査についてのお問合せやご相談
お問合せ
022-739-8861

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。