水中調査サービス

現在の水中ドローンの技術では、水中の簡易的な調査が主になります。

そのため深海調査などはできませんが、これまでダイバーが行っていた作業の一部を代わることはできます。

安全性面でも水中ドローンは優れておりますので、ぜひご利用ください。

水中ドローンでできること(一例)

  • 水中(海、川、湖、ダム、プール)の静止画、動画の撮影
  • ダムの底の調査
  • カキやわかめなどの生育調査
  • 海や川に生きる生物の調査
  • 養殖場の調査
  • 水中遺跡・洞窟など人間が立ち入るのには危険な場所の調査

水中ドローンのメリット

  • 安価のため、個人・中小企業も導入しやすい
  • ダイバー不要の無人機なので安全
  • 従来の水中調査よりも大幅コストカットが可能
bluerov2
bluerov2

bluerov2
bluerov2
bluerov2

垣網

水中ドローンサービスのよくある質問

どのような事ができますか?。

河川や海洋または湖、ダムなどの水中調査、カキ、ワカメなど養殖や水中生物の生育調査。そのほか、水中構造物の点検や調査を行います。

水中ドローンの販売はしていますか?

弊社では水中ドローンの本体、パーツの販売をしております。その他、水中ドローンの改造、組み立てサービスやメンテナンス、修理などにも対応しています。

扱っている水中ドローンは何メートルまで潜れますか?

弊社で扱っている機体はおよそ水深100mまで潜ることが可能です。

水中の撮影も可能ですか?

水中ドローンには専用のカメラを搭載しております。その他、機体に別付で4Kカメラ等も搭載可能となっております。

撮影のみ、調査のみの依頼は可能ですか?

もちろん可能です。人の踏み入れない場所への調査、ダイバーが潜る前の事前調査など柔軟に対応しております。

水中ドローンとは?

現在ではドローンの知名度が高まってきているものの、水中に対応していることを知っている人はまだ少ないことでしょう。ちなみに無人航空機(UAV)がそのまま水中に潜るわけではなく、ここでの定義は「水中撮影に対応した無人のロボット」です。

見た目は箱のような形、球体を模した形などさまざまですが、強力な水圧に耐えなければいけません。そのため空中用ドローンに比べればタフでがっしりとしたつくりになっています。

水中ドローンはすでに数社から販売されており、まだまだ発展途上な分野ですが実力が期待され、確実に活躍の場が増えつつあります。

潜水調査の未来を変える水中ドローン

水中ドローンが活躍

今まで水中調査(潜水調査)といえば、1回数百万円~数千万円もする本格的な無人調査機を使うか、ダイバーがカメラを持って潜る方法が一般的でした。

しかし前者はとにかく費用的に問題があり、大規模なプロジェクトなどで資金力のある団体や法的機関しか利用することしかできません。

それにくらべ後者は前者に比べれば安価であるものの、人力であるがゆえ調査範囲が限られます。それゆえ潜水調査は、人間が容易に立ち入ることができない難しいものとして考えられてきたのです。

しかし水中ドローンの開発によりその状況が一気に変わろうとしています。

特に今でも謎な部分が多い海に対しては、海で生きる生物の調査、海底遺跡の調査など、これまでわからなかった未知なる発見に期待が高まります。

もちろん、近隣の水中調査も安価でできることから、あらゆるビジネスの効率化、多角化が見込まれます。

もしあなたのビジネスが「水中」に少しでも関わりがあるのなら、きっと水中ドローンが活躍してくれることでしょう。

お問合せ・ご相談はこちら

水中ドローンの調査についてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@rov-fun.com

BlueROV2の組み立て

新型のROVを制作しています。 アメリカから取り寄せたBlue Robotics BlueROV2。 見た目もかっこいい、期待度満点のROVです。 Blue Robotics

続きを読む

お問合せ・ご相談はこちら

水中ドローンの調査についてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@rov-fun.com