会社概要

株式会社ファナティックではドローン専用の練習場を完備し、日々新しい機体や操縦訓練をおこなっています。
空撮、空中写真による3次元化、災害やインフラ調査などの業務を承ります。

ドローンパイロット

ishida
表取締役:石田一浩

・JUIDA『操縦技能証明証』取得
・JUIDA『安全運航管理者証明証』取得
・DJIスペシャリスト認定 合格
・飛行時間100時間(2017年2月時点)
称号 株式会社チック
所在地 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目9-13
アソルティ仙台北目町ビル6階A
代表取締役 石田一浩
URL https://www.rov-fun.com/
TEL 022-738-7828
Mail info@rov-fun.com

これまでの経緯

2015年2月
もともとプラモデルやラジコン好きだった弊社代表が、まだまだホビー向けだったドローンを入手。事業というよりはまだまだ趣味の一環でした。
このころから事務所内ではドローンに関する書籍をよく見かけるようになりました。

2015年9月
ドローンに関する法律・航空法改正が参院本会議で可決、成立しました。
このころからドローンに関する法律に関して、セミナーや勉強会に参加するようになりました。

2015年12月10日
改正された航空法が施行されました。この日からドローンを飛ばす場所が極端に限定されることになります。

2016年1月
株式会社ファナティック内にドローン事業部が作られ、本格的にドローン業界へ参入することが決定しました。

2016年2月
自社専用のドローン練習場を作るため用地を契約。整地および電気設備、ネット回線の設備工事に着工。
ドローン練習場を一部、一般に貸し出すことも決定。プレスリリースを発行。

2016年4月
ドローン練習場ブーメランオープン。東北初のドローン練習場としてテレビ、新聞などで紹介される。

2016年5月
ドローンを使った精密農業の実験をスタート。加美町の農家にご協力を頂き、水田の空撮調査を開始する。

2016年5月
ドローン(UAV)運航・三次元計測スクールにて空中写真測量について学ぶ。

2016年8月
精密農業で活躍が期待されるマルチスペクトルカメラSequoia(セコイア)を導入。

2016年9月
空撮業務をスタート。空撮で活躍できる複数の機体を完備。空撮や映画撮影用のマイクロフォーサーズカメラを搭載したドローンで撮影します。

ラスベガスで開催されたInterDrone2016に参加してきました。世界の最新動向を肌で感じで来ました。

2016年12月
水中ドローンを使った河川調査の実証実験をおこないました。

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

ドローンサービスについてのお問合せやご相談

電話:022-738-7828
メール:info@timiddroneteam.com

コメントは受け付けていません。