4インチエンクロージャーの外し方

メンテナンス 組立方

4インチエンクロージャーの外し方

BlueROV2の制御等の部品はすべて4インチのエンクロージャー内に収められています。

ですので、スラスターの調子が悪いからESCを見てみようとか、中の配線が外れいているという場合はこのエンクロージャーを外して作業をします。

エンクロージャーはフレームと4本のM3×16mmのネジで止まっているだけなので、簡単に外すことができます。

では、作業を順番に解説します。

エンクロージャーをフレームから外す

エンクロージャーをフレームに止めている4本のネジM3×16mmを外していきます。ネジは前後2本ずつついています。

前方は下記の赤丸の部分です。

後方部分にも2本あります。

これら4本のネジが外れると、エンクロージャーは機体から離れ下記の写真のようになります。

バッテリーケーブルへの負荷

この時、3インチのバッテリーエンクロージャーにつながっている電源ゲーブルに負荷がかかる場合があるので、バッテリーエンクロージャーから外してた方がよいです。

ベントを外す

エンクロージャーをゆっくり引くとOリングフランジから抜けてきます。この時、ベントは必ず外しておきます。ベントがついたままですと空気が抜けずエンクロージャーが抜けてきません。

これでエンクロージャーが外れました。エンクロージャー自体は何にもネジ止めされていません。

エンクロージャーが外れれば、中の電子部品の交換や修理が可能となります。

配線が分からなくなるので、作業前にはスマホで写真を撮っておくことをお勧めします。わからなくなったら弊社にご連絡ください。

機器の購入・水中調査のご相談

水中ドローンを使った業務、機材の導入、操縦者の養成など、ぜひ、水中ドローンの専門家である弊社へご相談ください。

水中ドローンメール問い合わせ

022-739-8861

水中ドローンRov-Fun
〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森4-2-342
電話:022-739-8861
Mail:info@xd-fun.com

ASV(小型無人ボート)の販売、開発の詳細

BlueBoat

産業用水中ドローンで有名はBlue Robotics社が開発したボートのプラットホームBlueBoat。この機体を使った各種カスタマイズを承ります。

水中ドローンBlueROV2の販売

Blue Robotics社「BlueROV2」
弊社は、誰よりもBlueROV2を使い倒し、壊し、修理した経験をすべてあなたへ提供します。

水中ドローンBlueROV2の販売からカスタマイズ、修理全般、操縦方法やメンテナンス方法の教育まで一貫してお手伝いします。

-メンテナンス, 組立方