マニュアル

プロペラの交換方法

更新日:

プロペラの交換

スラスタにはプロペラが装着されています。標準タイプのROV2には計6つのスラスタがあり、統計回り及び反時計回りと、装着させる場所により取り付けるタイプが決まっています。

プロペラ交換時は、プロペラの形に注意して間違えのないようご注意ください。

STEP1 フェアリングと浮力フォームを外す

まずは、4つの青色のフェアリングを浮力ファームごと外してください。

各フェアリングに4つのネジ、計16つで固定されていますので、プラスドライバーで外します。ネジは下方向から留められています。

用意するもの

  • プラスドライバー

フェアリング

STEP2 結束バンドを切断する

配線がプロペラに絡まり切断させる防止策として、結束バンドで配線を固定している状態になっています。この結束バンドをはニッパ―で切断してください。

用意するもの

  • ニッパ―
  • 再度取り付けるために使用する結束バンド30つ程

結束バンド
結束バンド

注意ポイント


写真に掲載されている結束バンドの位置は一例です。再度固定させる時は、プロペラに配線が接触しないように取り付けてください。

STEP3 スラスターを取り外す

ここまでくるとフレームからスラスタを取り外せます。各スラスタはネジで固定されているので、六角レンチで外してください。
スラスターを外す

予めモーターに番号を書いておくと、プロペラ交換後の取り付け作業が楽になります。

モーター位置の番号

スラスタの位置関係

用意するもの

  • プラスドライバー
  • 2㎜の六角レンチ

スラスタからネジを外す

1. スラスタの外側にある4つネジを取り外します。

プロペラ

プロペラを外す

2. 六角レンチを使い、プロペラを固定しているネジを外します。

プロペラ

新しいプロペラに交換する

3. 古いプロペラを取り外し新しいものと交換します。交換が終わったら、プロペラを固定して再びカバーをネジ留めしてください。

プロペラ

注意ポイント


プロペラには《時計回りCW》《反時計回りCCW》がありますので間違えないようにしましょう。

スラスタを機体に装着させる。

プロペラの交換が完了したら、STEPをさかのぼりながら機体を組立てましょう。

スラスタをフレームに取り付ける際に注意したいのが、各パーツの位置関係です。

スラスタの位置関係

緑色のスラスタには反時計回りのプロペラ、青色のスラスタには時計回りのプロペラを装着させます。

  1. 前面パネルの下部に、スラスタ1および2を取り付けネジ留めします。
  2. 側面パネルの両側に、スラスタ5および6を取り付けネジ留めします。
  3. 後面パネルの下部に、スラスタ4および4を取り付けネジ留めします。

注意ポイント

後部スラスタを最初に取り付けると、前部スラスタを前に持っていくことができませんので、以下の手順に沿って行いましょう。

スラスターの取付が終わったら、配線がプロペラに絡まないように配線を結束バンドでまとめてください。


お問合せ・ご相談はこちら

水中ドローンの調査についてのお問合せやご相談

お問合せ

022-739-8861

-マニュアル

Copyright© 水中ドローンBlueROV2専門 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.