BLUART USB-TTLシリアルおよびRS485アダプター

BLUART USB-TTLシリアルおよびRS485アダプター
BLUART USB-TTLシリアルおよびRS485アダプター

このコンパクトなアダプタはUSBに接続し、TTLシリアルポートまたはRS485シリアルポート接続を提供します。 Pingソナーとの使用をお勧めします。

製品説明

BLUART USB-シリアルおよびRS485アダプタは、シリアルUARTまたはRS485通信を使用するデバイスとUSB経由でインターフェースできる小さな回路基板です。

UART(より一般的にはシリアルポートとして知られています)は、Arduinoマイクロコントローラー、海中センサー、PingSonarなどのさまざまなデバイスで使用されています。 UARTは、個別の送信(TX)信号ラインと受信(RX)信号ラインを使用するため、全二重通信が可能です。

RS485は、長いケーブル長での通信を目的としたシリアル通信のバリエーションです。 RS485は、ツイストペア線で差動信号を使用します。これにより、数百メートルのケーブル長にわたってシグナルインテグリティが保護されます。送信と受信の両方に同じワイヤが使用されるため、一度に1つしか実行できません。これは半二重と呼ばれます。ソナー、水化学センサー、マニピュレーターなど、多くの海中センサーとツールはRS485通信を使用しています。

BLUARTには、シリアルUARTまたはRS485接続用のJST-GHコネクタポートとスルーホールオプションがあります。一度に使用できる接続タイプは1つだけです。インジケータは、適切な電力を示し、データを受信および/または送信するときに信号を点灯します。

BLUARTはオープンソースであり、回路図は無料で入手できます。