マニュアル

ソフトウェアのセットアップ方法

投稿日:

ソフトウェアの更新方法

BlueROV2を潜行させるためには、パソコンとの接続は必須。ネットワークの設定も行う必要がでてきます。

このページでは、ネットワーク設定、ファイアウォールまでの手順を解説します。

メモ

ここで設定するのは、Windows10で行った場合です。

Fathom-X Tether Interfaceと接続する

1. 黄色のテザーケーブルを青色のボックス「Fathom-X Tether Interface」に接続します。

Fathom-X

2. 背面にあるUSBコネクタに付属のケーブルを挿して、パソコンと接続します。

Fathom-X

Windowsの設定を行う

前述の作業が完了したら、パソコンで各設定を行います。

ネットワーク設定

1. コントロールパネルを開き《すべてのコントロールパネル項目 > ネットワークと共有センター》の手順でフォルダを開きます。左部メニューの【アダプタ設定の変更】を選択してください。

Fathom-X

2.《イーサネット6》を右クリックしてコンテキストメニューを開き【プロパティ】を選択します。

Fathom-X

3. プロパティを開いたら、インターネットプロトルコバージョン4(TCP/IPv4)にチェックを入れて【プロパティ】をクリックします。

Fathom-X

 
4.《次のIPアドレスを使う》を選択し、IPアドレスに《 192.168.2.1 》サブネットマスクに 《 255.255.255.0 》を入力します。入力を終えたら【OK】をクリックしてください。

Fathom-X

ファイアウォールの設定

1. コントロールパネルを開き《すべてのコントロールパネル項目 > Windowsファイアウォール》の手順でフォルダを開きます。【Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能の許可】を選択します。

Fathom-X(12)

2. 許可されたアプリおよび機能の【Open source ground control app provided QGroundControl dev team】または【QGroundControl】いずれかの、プライベート及びパブリックの両方にチェックを入れてください。

Fathom-X

パソコン設定は必ず行いましょう

水中ドローンを操縦する際には、リアルタイムで映る水中をモニターを通してみることができます。

ですので、まずはパソコンのネットワーク設定、ファイアウォール設定を必ず行ってください。

QGroundControl
QGroundControlのセットアップ方法

BlueROV2を扱うには専用のソフトウェアが必要となります。ここでは「QGroundControl」のインストールする方法を解説します。

お問合せ・ご相談はこちら

水中ドローンの調査についてのお問合せやご相談

お問合せ

022-739-8861

-マニュアル

Copyright© 水中ドローンBlueROV2専門 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.