Fathomテザーについて

スリムテザー

Blue Robotics社は遠隔通信テストを実施した結果、標準Fathomテザーの通信最大レンジは300mがであることがわかりました。 300m以上の長さのROV対応テザーは製造していません。
Fathomテザーは、海中アプリケーション、特にROV向けに設計された高品質のテザーケーブルです。自然浮力を持つテザーは350 パウンド(158キロ)の破壊強度があり、漏水を封鎖するために遮水繊維が埋め込まれています。テザーの直径は7.6mmで、同類のROVテザーよりも細めの作りです。
テザーは、26AWGワイヤの4つの非シールドツイストペア(UTP)を備えています。これらのペアは、クロストーク耐性を含むCat5ネットワークケーブルと同様の色分け、配置がなされています。あらかじめインストールされているBinder770コネクタにより​​、FXTIおよびFathom Spoolへの接続が容易です。ケーブルペネトレーターは BlueROV2または防水エンクロージャーと接続するために、もう一方の端に取り付けられています。
ケーブルのコア中心には、強度を確保するためのケブラー・ストランドと、スペースを埋めるためのダクロン・ファイバーが含まれています。どちらのファイバーにも防水成分が含浸されており、ケーブルの切れ目や裂け目によって引き起こされる漏れを防いでくれます。高い視認性の黄色のポリウレタンフォームジャケットは摩耗に強く、自然浮力も備えています。
ケーブルの剛性は、ROVに十分な柔軟性があるように設計されていますが、剛性がゆえに簡単に絡まないようになっています。新バージョンのポリウレタンジャケットにより、テザーはオリジナル版よりも柔軟性があります。

ファトム・スリムROV テザー (上記のテザーと下記のスリムの違い)


高性能かつ低抵抗であるこのテザーは、直径が4mm未満で、ワイヤー1組を備えています。
Blue Roboticsは遠隔通信テストを実施し、200mがスリムファゾムテザーの最大通信長であることを確認しています。 200mを超える長さのROV対応テザーは製造していません。
ファトムスリムテザーは、ROVおよびその他の海中用途向けに特別に設計されたもので、軽量、高強度、および可搬性に最適化された高性能テザーケーブルです。自然浮力があり、300ポンドの破壊強度を備え、漏水を防ぐために遮水繊維が埋め込まれています。テザーの直径は4.0mmで、大半のROVテザーよりもはるかに細い作りです。

水中ドローンの活用方法やカスタマイズなどご相談ください。

ご相談はこちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。