海洋科学技術の世界最大級国際会議「OCEANS’18」レポート

2018年5月、株式会社チックはBLUEROV2のメーカーであるBlue Roboticsの正規代理店となりました。
そのBlue Roboticsがブースを設けたイベント「OTO’18」(OCEANS’18)が開催されたため、今回はあいさつを兼ねて参加してきましたのでレポートいたします。

「OTO’18」の概要

OTO'18

  • アメリカ海洋科学技術の世界最大級の国際会議「OCEANS」
  • 神戸で隔年開催される海洋分野の国際コンベンション「Techno-Ocean」

これらの合同コンベンションが「OTO’18」です。

テーマOcean Planet It’s our home
開催期間2018年5月27日~31日
会場神戸コンベンションセンター
公式サイトhttps://www.techno-ocean.com/oto-18

内容は、最新の研究について約500件の論文の発表され議論が行われる「テクニカルセッション」、国内外から103社・団体が出展する展示会、サービスの活用事例を紹介するプレゼンテーションなど。
そのほか「海洋科学技術セミナー」や「水中ロボット競会」、海洋人材を担う子供向けのイベントなど一般向けイベントも多数行われました。
入場は基本的には無料ですので、興味を持たれた方はぜひ次回開催時足を運んでみてください。

展示会の様子

BlueROV2
Blue Roboticsのブースでは正規代理店として、最新機材の説明や今後弊社のセールス方法について話をしてきました。
あまりゆっくり見られませんでしたが、これまでに知らなかっただけで、世界にはいろいろな機体があることを知れました。
知れば知るほど奥が深い水中ドローン、興味が尽きることはありません。

水中ドローンの活用方法やカスタマイズなど、水辺の調査のことなら何なりとご相談ください。

機体の販売から開発のお手伝いまで、トータルでお手伝いいたします。

ご相談はこちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。